ページの先頭です

日野町のみどころ まちのたから

歴史、祭り。城下町の名残を感じる美しい町並み、湖東地方最大の春祭り日野祭など、歴史と文化を伝える有形・無形のたからものを紹介します。

  • 近江日野商人。およそ400年前の江戸時代初期から日野椀や合薬(漢方薬)により、関東平野への行商活動や出展経営などで活躍しました。
  • 蒲生氏郷。日野町で生まれた戦国時代の名将で、武勇に秀でただけでなく茶の湯や能にも通じた趣味人でした。
  • 町並み。城下町として整えられた日野の中心部では、今でもその美しい町並みを見ることができます。
  • 国際交流。韓国恩山面とブラジル・エンブ市との間で文化やスポーツを通じた交流を行っています。
  • 天然記念物。鎌掛谷ホンシャクナゲ群落など、日野町には5つの天然記念物があります。
  • 日野祭。850年以上の歴史を持つ湖東地方最大の春祭りで、県内最多16基の曳山など、歴史を今に受け継いでいます。
  • 近江中山の芋競べ祭。国指定重要無形民俗文化財で、中山西と中山東の芋の長さを比べて豊作を占う奇祭として広く知られています。
  • 火振り祭。お盆に行われる夏の風物詩で、松の木に百数十本の松明を投げ上げる様は壮観です。
  • 南山王祭。「ホイノボリ」と呼ばれるシダレザクラを模した満開の幟の下で陽春を楽しみます。
Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.