ページの先頭です

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

[2015年2月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

微小粒子状物質(PM2.5)とは

大気中に浮遊する粒子状物質のうちでも特に粒径の小さいものを言います。(粒径2.5μm 以下の微小粒子状物質)。
PM2.5 については、呼吸器の奥深くまで入り込みやすいことなどから、人への健康影響が懸念されており、欧米諸国では、独立の項目として環境目標値が設定されています。日本においても、このような状況を踏まえ、中央環境審議会における審議を経て、平成21年9月にPM2.5 に係る環境基準が定められたました。
また、環境省のホームページでは、微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報が公開されています。
下記の外部リンクをご参照ください。

環境省 微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報   

PM2.5の注意喚起について

滋賀県では、県内9ヶ所の一般環境大気測定局(一般局)で測定したPM2.5濃度が一定値以上になった場合、市町および関係機関への連絡網、携帯電話のメール機能等を活用した「しらせる滋賀情報サービス(通称「しらしが」)」およびびわ湖放送(BBC)のデータ放送による情報配信により、注意喚起がおこなわれます。日野町でもこの情報をもとに「日野町ホームページ」および「日野め~る」で配信します。

 一定値以上の考え方

 ① 早朝における数値の求め方: 9つの一般局の午前4時から7時までの3時間の平均値を求めます。
    早朝におけるPM2.5濃度の注意喚起の基準値    :    85 μg/m3

 ② 午前における数値の求め方: 9つの一般局の午前4時から12時までの8時間の平均値を求めます。
    午前におけるPM2.5濃度の注意喚起の基準値    :    80 μg/m3 

 県内における測定結果

   観測結果については、下記の外部リンクをご参照ください。

   本日の早朝・午前の測定結果       

   県内における測定結果 

   そらまめ君(環境省大気汚染物質広域監視システム 東近江局)  

注意喚起の内容

微小粒子状物資(PM2.5)が一定値を超えた場合は、不要不急の外出や屋外での長時間の激しい運動をできるだけ減らす(呼吸器系や循環器系疾患のある者、小児、高齢者等の高感受性者においては体調に応じて、より慎重に行動することが望まれる。)よう注意喚起を行います。

 

お問い合わせ

日野町役場住民課生活環境交通担当

電話: 0748-52-6578 ファックス: 0748-52-2003

E-mail(メールソフトが起動します): jumin@town.shiga-hino.lg.jp


微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.