ページの先頭です

綿向雑感(12月)

[2015年2月14日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成26年12月 綿向雑感

 「綿向山に三度雪が降ると里にも雪が降る」と言われます。故郷の山、綿向山を誰もが愛しています。高さ1110メートルにちなみ11月10日は「綿向山の日」。毎年11時10分に挨拶させていただいています。今年は、遠くに御嶽山を望み参加者一同が黙祷。山頂には、馬見岡綿向神社の奥宮があり、その社は20年毎に建替えられます。500年以上前の社の棟札に「大日本國近江之刕蒲生上郡日野牧」と書かれています。明治時代の「蒲生郡」は近江八幡から永源寺の一部に及びますが「蒲生上郡」はその東半分。今でも浄土真宗のお寺の集まりは「蒲生上組」。「日野牧」という地名は1000年も前の古文書に出てきます。「蒲生」「日野」という地名が脈々と続いていることは誇らしい。

 ところで、NHK朝ドラ「マッサン」は好評。ドラマに時々でてくる「蛍の光」は、かつて「卒業式の歌」でしたが実はスコットランド民謡。中学校の英語でイギリスのことを「イングランド」と習いましたが実はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの「連合王国」。マッサンの妻のエリーの出身地スコットランドは、今年9月にイギリスからの独立の是非を問う住民投票を実施。結果は独立反対が多数でしたが人々はスコットランドに強い思いを持っています。

 住民の強い思いが示されたのは沖縄県知事選挙。名護市辺野古への基地建設反対を掲げる翁長氏が当選。基地の島から平和の島への強い思いが示されました。来年は戦後70年。7月の滋賀県知事選挙では、「集団的自衛権容認の閣議決定ノー」の意志が示されました。二度と戦争をしないと誓った戦後の歩みを胸に刻みたいと思います。

 12月14日は忠臣蔵・赤穂浪士の討ち入りの日。江戸の庶民は幕府の御政道の誤りを正した赤穂浪士に拍手喝采。今年は衆議院選挙の投票日、政治に対する庶民の思いを示す絶好のチャンス。平和な国、誰もが幸せになれる国をつくるために力を合わせましょう。

広報ひの12月号「綿向雑感」掲載

日野町長 藤澤 直広 

  日野町長 藤澤 直広 

お問い合わせ

日野町役場企画振興課秘書広報担当

電話: 0748-52-6550 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kouhou@town.shiga-hino.lg.jp


綿向雑感(12月)への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.