ページの先頭です

住民票謄本・抄本

[2019年5月7日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

住民票は家族(世帯)単位で登録されており、住所・氏名・性別・生年月日などが記載されています。

 

●発行しているところ
住民票謄本・抄本の発行は役場住民課で行っています。

 

●郵便による請求での発行方法
窓口に来ることが出来ない方は、郵送による請求ができる場合があります。詳しくは「郵便による請求について」のページをご覧ください。

 

●手数料について

  • 住民票謄本(家族全員分)1通200円
  • 住民票抄本(一人分・本人分等)1通200円
  • 住民票の記載事項証明書1通200円
    (住民票に記載されていることを証明するものです。
    本籍地(県名までは表示可能)・前住所・筆頭者が記載されません。)
  • 住民票除票1通200円
    (20年以内の転出・死亡などにより除かれた住民票) 


●注意点
申請の際には、次の点に注意してください。
住所と氏名を確認の上、お越しください。

  • 本人または同居の家族が申請する場合、印鑑は不要です。
  • 代理人が申請する場合は、委任状が必要です。
  • 住民票は「住所を登録している市町村」で交付を受けてください。


●本人確認書類の提示にご協力ください

平成20年5月1日から窓口での本人確認が法制化されました

 

日野町では平成19年4月1日から、本人になりすました不正な請求を防ぐため、「戸籍」「住民票」「印鑑」「税」に関する各種証明書を請求される際に、窓口で請求される方の本人確認をさせていただいております。

このような取扱いが全国に広まるなか、戸籍法と住民基本台帳法がそれぞれ一部改正され、本人なりすましによる不正な手続きの防止と、プライバシー保護を大きな目的とし、窓口での本人確認を必ず行なうこととされています。

このため、戸籍謄抄本・住民票の写しなどを交付請求されるとき、また戸籍の届出や住所の異動をされるときは下記による本人確認書類をご提示願います。

 

★    本人確認書類の主なものは次のとおりです

1点で確認できるもの

 運転免許証・有効旅券(パスポート)・個人番号カード・住民基本台帳カード(顔写真つき)・在留カード・特別永住者証明書などの官公署が発行した顔写真つきのもの

2点必要なもの

    健康保険被保険者証・年金手帳・年金証書・住民基本台帳カード(顔写真なし)・後期高齢者医療保険被保険者証・介護保険被保険者証などの官公署が発行した顔写真がないもの 

 

皆さんにはすでにご協力をいただいておりますが、引き続き本人確認をさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

諸証明交付申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

日野町役場住民課住民担当

電話: 0748-52-6571 ファックス: 0748-52-2003

E-mail(メールソフトが起動します): jumin@town.shiga-hino.lg.jp


住民票謄本・抄本への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.