ページの先頭です

綿向雑感(7月)

[2018年7月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

綿向雑感(7月)

 

 グリム冒険の森で、5月26日・27日「HINO(ヒノ) BIG(ビッグ) TIME(タイム) GROOE(グルーヴ)」が開催されました。ドラゴン76さん(日野町村井出身の藤田(ふじた)智(さとし)さん、辰年1976年生まれ)とわたむきホールが企画しました。ドラゴンさんは現在ニューヨークを拠点に活動されています。町営バスに蒲生氏郷公のイラストも描いていただいています。ふるさと日野で元気なイベントをやろうと、知り合いのミュージシャンに声をかけていただきイベントは大いに盛り上がりました。

 イベントには、二日間で約2,000人が参加しました。運営には、日野町商工会青年部、日野町連合青年会をはじめ若い人たちがボランティアで参加いただきました。ドラゴンさんは、ステージの隣で作品を作成されました。作成中も気軽に記念写真に応じるなどとても良い感じでした。町を思う気持ちが大きく広がったことをとてもうれしく思います。

 若者といえば、日野町内池東の福永(ふくなが)晃(あき)仁(ひと)さんが日本青年団協議会の会長に就任されました。福永さんは日野町連合青年会長もされてきました。恒例の町民駅伝大会は毎年盛大に開催されています。

 日本青年団協議会は、戦後間もない昭和26年に発足し、社会教育団体として青年団活動が全国に広がり、日野町でも活発に活動が行われ、地域活動や平和活動をはじめ民主主義社会を築く大きな役割を担ってきました。そうした伝統を引き継ぎ、福永さんが全国会長に就任されたことは本当に素晴らしいことです。

 ところで、戦後間もない昭和25年、朝鮮戦争が勃発し、今も戦争は終結せず休戦状態です。北朝鮮はミサイル発射を繰り返しアメリカが軍事行動を示唆するなど一触即発の危険な状況が続いていましたが6月12日、トランプ米大統領と金(キム)正恩(ジョンウン)国防委員長がシンガポールで会談し、朝鮮半島の非核化などで合意したことは画期的なことです。

 かつて、多くの青年が戦場に駆り出され、帰らぬ人となった辛苦(しんく)の歴史に学び、戦争をしない平和な社会で、青年がいきいきと活躍する時代を築くために力を合わせましょう。

広報ひの2018年7月号掲載

日野町長 藤澤 直広 

  日野町長 藤澤 直広 

お問い合わせ

日野町役場企画振興課秘書広報担当

電話: 0748-52-6550 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kouhou@town.shiga-hino.lg.jp


綿向雑感(7月)への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.