ページの先頭です

綿向雑感(9月)

[2018年8月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

綿向雑感(9月)

 

 今年の夏は猛暑、酷暑。日照り続き。水を撒かなかったけれど裏の畑ではキュウリが毎日採れました。どれだけ深く根を張り水分を吸収しているのかと感心します。田んぼも真っ白け、ひび割れが深くできました。1週間に1回水を入れるのが精一杯で畦(あぜ)ぎわの稲葉は少し黄色くなりました。それでも稲穂が首を下げ色づいてきました。植物の生命力は強いものです。

 一方で、台風がいくつも発生、集中豪雨が全国各地に災害をもたらしました。地球温暖化がいわれるなかで異常気象が常態化しています。気温が35度を超える猛暑の中で熱中症の対策として「躊躇(ちゅうちょ)することなくエアコンの使用」が呼びかけられましたが「不思議なことに」節電の呼びかけはありませんでした。一部の原発は稼働していますが自然再生エネルギーの普及によって原発に頼らない社会が可能であることが実証されたのではないかと思います。人類と自然の真の共生は急務です。

 ところで、防災対策の要に消防団があります。8月5日、滋賀県消防操法訓練大会が開催されました。開会式、日野町消防団は人数も多く堂々の入場行進。今年は大会運営の当番地区であり、選手宣誓は、日野町消防団の第3分団の東班長が行い、19市町長を代表し挨拶もさせていただきました。日野町消防団チームは小型ポンプの部に出場。会場から一斉に注目の視線が寄せられる中、素晴らしい操法を披露、終了と同時に大きな歓声が沸き上がりました。見事優勝「日野町消防団ここにあり」。選手の皆さんの努力と消防団あげての応援、家族をはじめ関係者の皆さんのご協力に心より感謝します。10月19日には、富山県で開催される全国大会に日野町ではじめて出場します。ご声援をお願いします。

 今年の夏も「氏郷まつり夏の陣」をはじめ各地区・各集落で納涼祭が開催されました。江州音頭、模擬店、花火・・・和やかに交流の輪が広がりました。住民の皆さんの元気な力は素晴らしい。夏の名残を胸にひめつつさらなる歩みを進めましょう。

 

広報ひの2018年9月号掲載

 

日野町長 藤澤 直広 

  日野町長 藤澤 直広 

お問い合わせ

日野町役場企画振興課秘書広報担当

電話: 0748-52-6550 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kouhou@town.shiga-hino.lg.jp


綿向雑感(9月)への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.