ページの先頭です

新年のあいさつ(1月)

[2019年1月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新年のあいさつ(1月)

謹んで初春のお慶(よろこ)びを申し上げます

         「猪突(ちょとつ)猛進(もうしん)」まっすぐに平和な社会の実現へ

 新年あけましておめでとうございます。それぞれのご家庭で心新たに新しい年を迎えられたことと存じます。

 今年の干支はイノシシです。約千五百年前、綿向山で大雪にあった村人がイノシシの足跡に導かれ頂上で神様に出会いました。その神様の御告げで祠(ほこら)をたてたのが綿向神社のはじまりでイノシシは綿向山の神の使いとされています。綿向山の頂上からは360度の眺望が開けます。今年が迷うことなく平和で明るい年に導かれることを期待したいと思います。

 昨年も、町民の皆さんにたくさんの分野で活躍いただきました。5月には、村井出身のペイントイラストレーターDRAGON(ドラゴン)76(ななろく)さん(藤田(ふじた)智(さとし)さん)を中心にグリム冒険の森で野外フェス「HINO(ヒノ) BIG(ビッグ) TIME(タイム) GROOVE(グルーヴ)」が開催され大いににぎわいました。8月には、日野町消防団が滋賀県ポンプ操法訓練大会で優勝、全国大会に出場し、初優勝の偉業を達成しました。レスリングでは、アジア大会で徳谷の園田(そのだ)新(あらた)さんが銅メダル、世界大学選手権で蔵王の北岡(きたおか)佑(ゆう)介(すけ)さんが優勝、園(その)田平(だたいら)さんが準優勝の快挙を遂げられました。

 さて、昨年は、全国で、台風、集中豪雨、地震など自然災害が相次ぎました。日野町においても台風時に避難勧告などを発令し、第3緑ヶ丘の道路崩落や強風による住宅やビニールハウスの被害など多数発生しました。改めてしっかりと防災対策に取り組むことを肝に銘じたいと思います。また、昨年は、町民の皆さんのご協力によって色々な事業が前進しました。米飯給食を小学校、幼稚園、保育所、こども園において実施することができました。また、現在、勤労福祉会館前で女性活躍支援施設ぽけっと、松尾公園で子育て広場、学童保育所ヒノキオで園舎C・Dの建設を進めています。日野駅再生プロジェクトが3年目となり上りホーム上屋の建設、観光協会前の日野まちかど感応館(観光交流拠点施設)やJAの日野菜加工場の竣工(しゅんこう)、雨水排水事業、町道大窪内池線側溝改良、町道西大路鎌掛線や内池バイパスの工事も着実に進んでいます。

 さて、国際社会においても動きがありました。北朝鮮のミサイル発射で一触即発の危機的状況から韓国平(ピョン)昌(チャン)オリンッピクを契機に南北会談、米朝会談と朝鮮半島情勢が大きく緩和しました。「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ大統領の評価が問われた中間選挙では下院で共和党が後退しました。国際社会での協調、対話の外交こそ平和を切り拓(ひら)く道であり、日本国憲法の根本精神です。「憲法改正」を声高(こわだか)に叫ぶ動きもありますが憲法を守り暮らしに生かす流れは着実に広がっています。

 昨年の流行語大賞に「そだねー」が選ばれました。平昌オリンピックで銅メダルを獲得した女子カーリングの選手たちのふるさと北海道に根をおろし活躍する姿が好感を呼びました。「猪突猛進」まっすぐに平和な社会の実現めざすとともにふるさと日野を思う気持ちを大切に、元気で温かいまちづくりを進めるため町民のみなさんと力を合わせたいと思います。ご支援とご協力をお願いするとともに日野町の発展と町民の皆さんの幸せを願って新年のご挨拶とさせていただきます。

    広報ひの2019年1月号 掲載

日野町長 藤澤 直広 

  日野町長 藤澤 直広 

お問い合わせ

日野町役場企画振興課秘書広報担当

電話: 0748-52-6550 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kouhou@town.shiga-hino.lg.jp


新年のあいさつ(1月)への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.