ページの先頭です

風しんの追加的対策について

[2020年5月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

風しんの抗体検査および第5期定期接種を行います

 日野町では、風しんの感染拡大により、風しんの抗体価が低い妊婦が感染し、生まれてくる赤ちゃんに先天性風しん症候群(難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障がい)が発生することを防止するために、他の世代より抗体価が低く、定期接種の機会がなかった、昭和37年4月2日生~昭和54年4月1日生の男性を対象に、風しんの抗体検査と、風しんの予防接種(全員ではありません。抗体検査の結果、十分な抗体価がなかった方のみが対象)を行います。

 期間は、令和元年度から令和3年度の3年間です。

令和2年度は、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券を郵送します

 クーポン券は、風しんの抗体検査や予防接種を受けるため、医療機関や検診機関の窓口等に提示する必要があります。

 令和2年度は、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券を郵送します。

 ※日野町から転出すると、クーポン券は使用できません。新しいクーポン券については、新住所地にお問い合わせください。

 ※今年度のクーポン券の有効期限(抗体検査から予防接種を受けるまで)は、令和3年2月末までです。

まず、抗体検査を受けましょう

 この事業は、予防接種を受ける前に、風しんの抗体価の検査をする必要があります。

 風しんの抗体検査は、採血検査となります。

 抗体検査は、①勤務先で実施する健康診断(日時等は勤務先にお問合わせください)、②国民健康保険の特定健診、③本事業に参加する全国の医療機関で受けられます。

 受検される場合は、クーポン券、本人確認用書類(免許証、保険証など)、抗体検査の受診票(日野町は受診票をクーポン券に同封しています。)を必ず持参してください。

抗体価が低い場合は、予防接種を受けましょう

 抗体価が低い(=十分な量の風しんの抗体が無い)と判明した場合は、風しんの第5期定期予防接種の対象となります。    

 接種するワクチンは、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)となります。

   該当する方は、実施医療機関にクーポン券、抗体検査の結果が書かれた受診票、本人確認用書類(免許証、保険証など)を持参して、本事業に参加する医療機関で予防接種を受けてください。

費用について

 抗体検査費用、予防接種費用とも無料ですが、クーポン券の提示が必要です。

風しん抗体検査、予防接種の実施医療機関について

 町内の医療機関で、風しんの抗体検査と予防接種を実施している医療機関は下記のとおりです。

町内医療機関一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

風しんの抗体検査と予防接種は、全国の医療機関で受けられます

風しんの抗体検査と予防接種は、全国の医療機関で受けられます。実施医療機関は、厚生労働省のホームページをご確認ください。

厚生労働省 ホームページへリンクします。→ 風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関 

お問い合わせ

日野町役場福祉保健課保健担当(日野町保健センター)

電話: 0748-52-6574 ファックス: 0748-52-6503

E-mail(メールソフトが起動します): hoken@town.shiga-hino.lg.jp


Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.