ページの先頭です

綿向雑感(6月)

[2020年6月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

綿向雑感(6月)

 新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり半年になります。5月14日、政府は、滋賀県を含む39県の緊急事態宣言を解除しました。滋賀県においても、5月以降、感染者の増加が抑制されていることはありがたいことです。しかし、決して気を緩めることはできません。

 小・中学校では、5月18日から週二回程度の登校を行っています。休校・休園が続き、子ども達やご家族の皆さんも大変ご苦労いただいています。6月からは、学校を再開する予定です(原稿執筆時)。家庭の事情に寄り添い、小学校での預かり、保育所、学童保育所、介護施設、作業所など懸命に支えていただき感謝します。

 町では、5月15日の臨時議会で国の特別定額給付金(10万円/人)とともに町独自の支援金の給付などにかかる補正予算が可決されました。こうした給付金等がもれなく、速やかに給付できるよう取り組んでいます。また、事業主の持続化給付金等の申請についても商工会を窓口に対応いただいています。子ども達への対応、給付金申請手続きの支援など、きめ細やかな対応に努めることが大切だと考えています。

 新型コロナウイルスの感染源は特定されていませんが、野生動物と人との関係、自然開発が進み、野生動物から人に感染したなどが指摘されています。コロナ禍を乗り越えた後、どのような社会を築くのか、人類に問われている気がします。自然を大切に人と自然が共生する社会の実現、医療や公衆衛生の充実、市場経済至上主義からの脱却、国際社会の協調など教訓とすべきだと思います。

 日野町は、豊かな自然があり、自治の力、人々が助けあって生きる土壌があります。ほど良い田舎で、心豊かなに暮らせるまちです。故郷日野の良さを再確認し、先人達が築いてこられたこうした気風を大切に元気で安心、誰もが幸せに暮らせるまちをめざしたいと思います。

 水田で早苗がすくすくと伸び、麦の穂が色づいてきました。いつもの初夏の風景です。一日も早くコロナ感染を収束させるために力を合わせましょう。

 

広報ひの2020年6月号掲載

日野町長 藤澤 直広 

  日野町長 藤澤 直広 

お問い合わせ

日野町役場企画振興課秘書広報担当

電話: 0748-52-6550 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kouhou@town.shiga-hino.lg.jp


Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.