ページの先頭です

日野ひなまつり紀行開催

[2019年1月24日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 日野城の城下町として蒲生氏によって築かれた日野は、蒲生氏郷公の代まで城下町として栄え、その後、町民は日野椀や売薬による行商に活路を見いだし、商人の町として栄えていきました。

 昔ながらの街並みが今も残り、どこか懐かしさを感じる日野。通りにある家々に、江戸時代から現代に至るまでのお雛様や創作人形など飾られます。

 日野独特の風景でもある桟敷窓が並ぶそんな町なかを、華やかでほほえましい雛人形と出会いながら、ごゆっくり散策ください。

期間

平成31年(2019年)2月10日(日)から3月10日(日)まで

※当イベントのメインは2月23日(土)24日(日)、3/2日(土)3日(日)です。

(詳しくは日野観光協会HP日野ひなまつり紀行HPをご覧ください。)

※各家々や商店街、各施設での展示期間や時間は、それぞれ異なります。

日野祭囃子演奏・琴演奏

日野囃子方交流会・西大路下組祭囃子保存会による囃子演奏

生田流・筝 桃組による琴演奏を開催。

【日時】2月23・24日、3月3・4日を中心に開催

【場所】近江日野商人 ふるさと館「旧山中正吉邸」

大澤明写真展-月日-/小原流生け花作品展示

【日時】大澤明写真展-月日-    2月3日(日)~2月24日(日)

     小原流生け花作品展    3月2日(土)~3月 3日(日)

【場所】日野まちかど感応館内 Gallery TUTUMU

【入館料】無料

JRふれあいハイキング「日野ひなまつり紀行とまちなみ散策」

昭和のはじめにタイムスリップしたかのような、どこか懐かしさを感じる日野の街並み。そんな街角や商家に、江戸時代から現代に至るまでのお雛様や創作人形が飾られます。

【日時】3月2日(土) 9時30分集合

【集合場所】近江鉄道日野駅

【参加費】400円 ※保険料、近江日野商人館入館料

【定員】50名(先着・要予約)

【コース】日野駅→近江日野商人館→清水町町並み→馬見岡綿向神社→新町町並み→日野まちかど感応館

※歩程約7㎞(13時頃解散予定)

【お申し込み・お問い合わせ】日野観光協会 TEL:0748-52-6577/FAX:0748-52-6017

主な会場

日野まちかど感応館(旧正野玄三薬店)、西田礼三邸をはじめ、大窪ギンザ商店街から、馬見岡綿向神社までの大通りと古い町並みの残る清水町や近江日野商人館の通りなど、村井地区・大窪地区・西大路地区の町並み一帯でお雛様などが飾られます。

各施設の開館時間および休館日など

近江日野商人館(旧山中兵右衛門邸)

  【開館時間】9時00分から16時00分

  【休館】期間中は無休

  【入館料】大人300円 小中学生120円

近江日野商人ふるさと館「旧山中正吉邸」

  【開館時間】9時00分から16時00分

  【休館】期間中は無休

  【入館料】大人300円 小中学生120円

日野まちかど感応館(旧正野薬店・日野観光協会)

  【開館時間】9時00分から17時00分

  【休館】期間中は無休

  【入館料】無料

■各家および商店街など

 展示期間および時間は、それぞれ異なります。

アクセス

公共交通機関

◇JR琵琶湖線「近江八幡駅」より

・ 「近江八幡駅南口」より近江バス「北畑口」行き乗車。「日野警察署前」から「向町」バス停下車。【約45分】

・ 近江鉄道「近江八幡駅」から「八日市駅」で乗り換え「日野駅」下車。

   近江バス「北畑口」行きで「日野警察署前」から「向町」バス停下車。【電車+バス約7分】

◇JR草津線「貴生川駅」より

・ 近江鉄道「貴生川駅」から「日野駅」下車。

   近江バス「北畑口」行きで「日野警察署前」から「向町」バス停下車。【電車+バス約7分】

車の場合

・ 名神高速道路 蒲生スマートICから約20分、八日市ICから約20分。

・ 新名神高速道路 甲賀土山ICから約20分。

※周辺駐車場には限りがございます。なるべく公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ

日野観光協会
電話: 0748-52-6577 ファックス: 0748-52-6017
E-mail: hino-k1@hino-kanko.jp

日野町役場 商工観光課 商工観光担当
電話: 0748-52-6562 ファックス: 0748-52-2043
E-mail: kankou@town.shiga-hino.lg.jp

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.