ページの先頭です

赤ちゃんからの予防接種

[2018年2月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

定期予防接種

 予防接種は予防接種法に基づく「定期予防接種」があります。対象年齢内の定期予防接種については無料で接種して頂くことができます。受け方等については下記のデータをご覧ください。

〇任意予防接種

 日野町では、平成28年4月よりおたふくかぜ予防接種の費用の一部助成を行っています。受け方等については下記のデータをご覧ください。

〇予防接種が受けられない人

 次に該当する方は、予防接種が受けられません。詳しくは医療機関または保健センターまでおたずねください。

·  37.5℃以上の熱がある人

·  次の病気にかかった人は、病気が治ってから下表の期間が経過しないと予防接種を受けることができません。ただし、間隔については、症状の経過や予防接種当日の体調によってかわるため、接種できるかどうかは診察医の判断となります。
予防接種を受けることのできる経過期間
病名治ってから接種までの期間
麻しん
4週間
風しん・水痘(みずぼうそう)・
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
2~4週間
突発性発疹・手足口病・伝染性紅斑・
インフルエンザ・その他のウイルス性疾患
1~2週間

· 上の表の病気にかかった人と接触のあった方(直接触れていなくても同じ部屋に滞在したような場合も含みます)は、潜伏期かもしれないので、予防接種を少しのばして様子を見てください。

· その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがある人(「アナフィラキシー」とは、通常接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことで、じんましん、吐き気、嘔吐、息苦しい、声が出にくいなどの症状に続き、ショック状態になるような激しい全身反応のこと)

 

〇予防接種を受けるときは

 予防接種は体調のよい時に受けるのが原則です。日頃からお子さんの健康状態によく気をつけて、何か気になることがあればあらかじめかかりつけのお医者さんにご相談ください。次の注意を守って、安全に予防接種が受けられるようにご協力ください。

 

受ける前

· 受ける予定の予防接種について、事前に説明書やパンフレットをよく読んで必要性や副反応についてよく理解したうえで保護者の方が予診票に必要事項をご記入ください。

· 対象年齢や他の予防接種との間隔を確認してください。

· 当日は朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったことがないか確認してください。

· 接種を受けるお子さんの、日頃の状態を知っている保護者が連れていってください。  

受ける時

· 脱ぎやすい服装で受けに行ってください。

· 体のことで気になる場合は、医師に相談してください。

 受けた後

· 接種後30分間程度は、お子さんの様子を十分に観察しましょう。

· 接種を受けた当日の入浴は差し支えありませんが、注射をした所をこすらないようにしてください。

· 接種当日はいつもどおりの生活でかまいませんが、激しい運動は避けてください。

· 接種後、生ワクチンでは3週間、不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意してください。

· 接種後、高熱が出たりけいれんを起こした時は、すぐ医師の診察を受けるとともに保健センターへ連絡してください。

 

 

 

 

お問い合わせ

日野町役場福祉保健課保健担当

電話: 0748-52-6574 ファックス: 0748-52-6503

E-mail(メールソフトが起動します): hoken@town.shiga-hino.lg.jp


Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.