ページの先頭です

虐待から子どもを守るために

[2021年12月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

虐待から子どもを守るために

 児童虐待に関する相談は全国的に増えています。

 保護者はしつけのつもりであっても、子どもがなぜ叱られたのかわからないまま、恐怖感だけを感じている場合は、その行為は、親の思いや意図とは関係なく虐待です。

 子どもを虐待してしまいそうなときや虐待を受けていると思われる子どもに気づいたときは相談してください。

児童虐待って?

 児童虐待には主に次の4つのタイプがあります。

身体的虐待

 殴る、蹴る、叩く、長時間戸外にしめだす、意図的に子どもを病気にさせるなど

心理的虐待

 無視する、言葉によりおどす、暴力・暴言を見せる・聞かせる

ネグレクト

 食事を与えない、風呂に入れない、家や車に残したまま外出するなど

性的虐待

 子どもにわいせつな行為をする・させる、ポルノグラフィの被写体にするなど

相談してください!

 「子どもに不自然な傷やあざがある」、「いつも子供の泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴り声がする」など普段の生活の中で、何か様子がおかしいと感じたり、自分の子育てが「虐待かもしれない」と感じたりしたらご相談ください。

相談・問い合わせ先

児童相談所全国共通ダイヤル

 189(いちはやく)  ※24時間365日

日野町子ども支援課

 電話番号:0748‐52‐6583

彦根子ども家庭相談センター

 電話番号:0749‐24‐3741

虐待ホットライン(中央子ども家庭相談センター)

 電話番号:077‐562‐8996

お問い合わせ

日野町役場子ども支援課子ども支援担当

電話: 0748-52-6583 ファックス: 0748-52-0089

E-mail(メールソフトが起動します): kodomo@town.shiga-hino.lg.jp


虐待から子どもを守るためにへの別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.