ページの先頭です

NPO・地域活動に対する助成事業について

[2020年11月26日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

淡海ネットワークセンター(公益社団法人淡海文化振興財団)

 淡海ネットワークセンターでは、1997年の設立以来、地域の個性や魅力を高めたり、暮らしをよりよくするための活動、地域や社会の課題解決に自主的に取り組むNPO(民間非営利組織)・市民活動団体を支援されています。

 淡海ネットワークセンターのホームページはこちらから

2021年度未来ファンドおうみ助成事業の募集について

 淡海ネットワークセンター(公益財団法人淡海文化振興財団)が実施する『未来ファンドおうみ助成事業』の募集が始まりました。

助成事業の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

〇応募受付期間:2020年11月20日(金)~2021年1月15日(金) 17時必着

一般財団法人 地域総合整備財団(ふるさと財団)

 地域総合整備財団(ふるさと財団)は、地域における民間能力の活用、民間部門の支援策として考え出され、昭和63年12月21日、自治大臣(現: 総務大臣)及び大蔵大臣(現: 財務大臣)の許可を得て、都道府県、政令指定都市の出捐による財団法人として発足されました。

 ふるさと財団のホームページはこちらから

 

一般財団法人 地域活性化センター

 一般財団法人地域活性化センターでは、活力あふれ個性豊かな地域社会を実現するため、ひとづくり、まちづくり等地域社会の活性化のための諸活動を支援し、地域振興の推進に寄与することを目的として、昭和60年10月に、全国の地方公共団体と多くの民間企業が会員となって設立され、平成25年4月に一般財団法人へ移行されました。

 センターでは、地域社会の活性化に資するため、地方公共団体や地域づくり団体等を対象とし、まちづくりに係る各種助成金の交付、全国各地の地域特産品等を紹介するためのスペースの提供、地域イベントの表彰などの支援を行うほか、地域づくり団体全国協議会に対する支援事業が行われています。

 地域活性化センターのホームページはこちらから

 

公益社団法人 助成財団センター

 公益社団法人助成財団センターでは、助成、表彰、奨学等の事業を行う助成財団の情報を提供されています。

 公益社団法人助成財団センターのホームページはこちらから

 

公益財団法人 あしたの日本を創る協会

 あしたの日本を創る協会は、地域づくりに取り組むグループの支援・育成、相談・助言、情報提供(自治会町内会情報誌『まち むら』の発行等)、各種集会等の事業を行われている公益財団法人です。

 当協会では、各都道府県の協議会と一緒に、地域づくりに取り組む生活学校や生活会議、安全なコミュニティづくり、子育て支援などのグループづくりを進められており、活動資金や活動情報を提供するとともに、全国フォーラムをはじめ研究集会を開いて、課題の解決方策を討議したり、情報交換したり、ほかのグループとのきずなを深められたりされています。

 あしたの日本を創る協会のホームページはこちらから

公益財団法人平和堂財団

 公益財団法人平和堂財団は、平成元年3月に設立され、将来を担う若い人たちの飛躍を願って、各種の助成や寄附等の事業が行われています。滋賀県の教育、文化、体育の振興及び地球環境の保全のための各種助成や事業を行い、地域社会の発展に寄与することを目的に活動されています。

「夏原グラント」の募集について

 2021年度平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原ブラント」の募集が開始されました。

 この助成金の対象は、主に琵琶湖およびその流域の環境保全活動で、滋賀県内・京都府内で実施される河川や湖等の水質保全、森林・里山保全、水源の森保全、生物多様性等の事業です。生活に身近な課題の解決に資する事業や、環境活動を軸に地域づくりにつながることを目的とした事業についても対象となります。

 詳細につきましては、こちらをご確認ください。

お問い合わせ

日野町役場企画振興課企画人権担当

電話: 0748-52-6552 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kikaku@town.shiga-hino.lg.jp


NPO・地域活動に対する助成事業についてへの別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.