ページの先頭です

新型コロナウイルワクチンの副反応について

[2021年6月15日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

 一般的にワクチン接種後は、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの「副反応」が生じる可能性があります。治療を要したり、障害が残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は救済制度の対象です。)

 今回、新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みは約80%に、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。

 ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、市販後米国で100万人に5人程度と報告されています。

 日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、万が一アナフィラキシーが起きても医療従事者が必要な対応を行います。

滋賀県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口

(※副反応等の医学的知見が必要な相談のみお問合せください。)

  • 受付時間

     毎日24時間(土日祝含む)

  • 電話番号

     午前9時から午後6時まで:077-528-3588

     上記以外の時間:077-528-3621

  • FAX番号

     077-528-4867

  • メールアドレス

     corona_vaccination_shiga@medi-staffsup.com

健康被害救済制度

 新型コロナウイルスのワクチン接種後に副反応による健康被害が生じた場合についても、一般的なワクチン接種と同様に予防接種法に基づく救済制度が適用されます。

 救済制度とは、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)を受付けることができる制度です。

 詳しくは、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)

お問い合わせ

日野町役場福祉保健課保健担当

電話: 0748-52-6574 ファックス: 0748-52-6503

E-mail(メールソフトが起動します): hoken@town.shiga-hino.lg.jp


Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.