ページの先頭です

木造住宅耐震診断員派遣事業の申し込みについて

[2019年7月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

木造住宅の耐震化のために

阪神・淡路大震災では、多くの建物が全半壊し、6,400人強の尊い命が奪われました。今、まさに住宅の地震対策が必要です。日野町では、耐震性が低いとされる昭和56年5月31日以前に着工された一定の木造住宅を対象に無料の簡易耐震診断と、診断の結果を受けて行う耐震改修工事に補助を行う制度があります。

木造住宅無料耐震診断申し込みについて

木造住宅無料耐震診断は、次の要件に合う住宅が受けられます。耐震診断は、住宅の外観を目視で調査したり、住宅についての聞き取り調査などを基に判断・評価(簡易診断)を行うものです。自宅が、地震に対してどのくらいの強度を有しているのかを判断する目安として、ぜひ一度受けてみてください。

診断できる住宅とは

  • 日野町内に存在する住宅であること。
  • 昭和56年5月31日以前に着工され、完成している住宅であること。
  • 延べ床面積の過半の部分が住宅の用に供されている住宅であること。
  • 階数が2以下で、延べ床面積が300㎡以下の住宅であること。
  • 木造軸組み工法(在来工法)で、枠組み壁工法(ツーバイフォー)・丸太組み工法(ログハウス)でない住宅であること。
  • 大臣等の特別な認定を得た工法(プレハブ等)による住宅でないこと。
  • 申し込みは1件に付、1棟のみとします。

 

申し込み方法

   耐震診断実施申込書に建築時期の分かる書類(建築確認済証、登記済証、固定資産税課税明細書のうちいずれか1つ)の写しを添付して申し込んでください。

 

申し込み先

   日野町役場建設計画課 都市計画担当

無料耐震診断申込書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

耐震改修工事費補助金制度について

耐震診断の結果、総合判定が0.7未満と判定された住宅について、耐震改修を行う方に対して補助金を交付する制度です。詳しいことは下記までお問い合わせください。

耐震改修補助金算定表
 工事費

  100万円以上

   200万円まで

  200万円以上

   300万円まで

   300万円以上
 補助金額 20万円 30万円 50万円

お問い合わせ

日野町役場建設計画課都市計画担当

電話: 0748-52-6567 ファックス: 0748-52-2043

E-mail(メールソフトが起動します): kensetu@town.shiga-hino.lg.jp


Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.