ページの先頭です

スプレー缶やカセットボンベの処分の仕方

[2015年1月6日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 中身が残ったまま捨てられたスプレー缶やカセットボンベが原因でごみ収集中に火災事故が発生するというケースが問題となっています。

 スプレー缶などを捨てる時は、キャップなど簡単に外れるものは取っていただき、中身を使い切ってから『スチール缶』(プラスチックの部分と分離できない場合などは不燃ごみ)の日に指定ごみ袋に入れて出してください。必ず中身を使い切ってから出すようにしてください。

中身を使い切るには

スプレー缶(エアゾール缶)の場合

 風通しが良く、火の気がない屋外で、シューッという音がしなくなるまで噴射ボタンなどを押し、ガスを出し切ってください。缶の中のガスを抜くための装置(中身排出機構)がついている場合は、この装置を利用し中身を出し切ってください。
 中身があふれて床や周囲を汚すおそれがありますので、新聞紙を敷くなど十分注意をしておこなって下さい。

カセットボンベの場合

 カセットコンロでお湯を沸かすなどして使い切ってください。

 ※カセットボンベには、噴射ボタンや中身排出機構などはついていません。

 

 皆様のご協力をお願いします。

 

リーフレット

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ごみ収集車の火災事故

スプレー缶が原因と思われる燃えないごみの収集車の火災事故

お問い合わせ

日野町役場住民課生活環境交通担当

電話: 0748-52-6578 ファックス: 0748-52-2003

E-mail(メールソフトが起動します): jumin@town.shiga-hino.lg.jp


スプレー缶やカセットボンベの処分の仕方への別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.