ページの先頭です

児童手当

[2022年5月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

児童手当

児童手当の目的

 児童手当は、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的としています。

手当を受けられる人

所得制限限度額未満である方

3歳未満                  月額 15,000円(一律)

3歳以上小学校修了前(第1・2子)  月額 10,000円(第3子以降 月額 15,000円)

中学生                     月額 10,000円(一律)

所得制限限度額以上である方

特例給付                月額  5,000円(一律)

支給月

 児童手当は、原則として、認定請求をした日の属する月の翌月分から支給となり、6月、10月、2月に、それぞれの前月分までを支給します。

支給を受けるための手続き

 出生、転入等により受給資格に変更が生じた場合、手当の支給を受けるためには、町の窓口(子ども支援課)に認定請求書の提出が必要になります。

 公務員の方は、勤務先で手続きをお願いします。

手続きに必要なもの

・印鑑

・請求者名義の銀行口座がわかるもの

・請求者の健康保険証の写し等(請求者が被用者(サラリーマン等)である場合に必要です)

・請求者および配偶者の個人番号がわかるもの(マイナンバーカード等)

 

※養育する児童と別居している場合や、父母以外の方が養育している場合などは、必要に応じて提出する書類があります。

※未婚のひとり親家庭に対して、寡婦控除または寡夫控除のみなし適用を実施します。みなし適用の実施には、未婚のひとり親で

   あることを明らかにできる書類が必要です。

様式

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

現況届

現況届が原則提出不要となりました。

児童手当受給者は毎年6月に現況届の提出が必要でしたが、令和4年度より提出が原則不要となりました。

ただし、次の方については引き続き現況届の提出が必要となりますのでご注意ください。

(対象の方には町から5月末までに通知します)

・町で住所地を把握できない、法人である未成年後見人

・6月1日現在で配偶者と離婚協議中である受給者

・住民票のある住所地以外の市町村で受給しているDV避難者

・施設、里親の受給者

・その他現況届の提出が必要と町で判断された受給者

※現況届の提出が不要となったことに伴い、受給者の加入する年金が変わったとき(受給者が公務員になったときを含む)は届出が必要となります。加入する年金に変更が生じた際にも子ども支援課で手続きをお願いします。

その他必要な手続き

児童手当を受給している方に、以下のような事由が生じた場合は、必ず手続きをしてください。

 ・受給者が日野町から転出したとき

 ・新たにお子さんが生まれたとき

 ・受給者がお子さんを養育しなくなったとき

 ・振込指定口座を変更したいとき(変更できるのは、受給者本人名義の口座に限ります)

 ・受給者が公務員になったとき、または公務員の方で退職や出向されたとき

 ・お子さんが日本国外に出国された場合

 ・お子さんが里親に委託又は児童福祉施設等に入所された場合

 ・世帯の生計中心者が変わったとき

※その他、世帯状況に変更があった場合は、子ども支援課へお問い合わせください。

お問い合わせ

日野町役場 子ども支援課 子ども支援担当
電話: 0748-52-6583 ファックス: 0748-52-0089
E-mail: kodomo@town.shiga-hino.lg.jp

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.