ページの先頭です

マイナンバー(個人番号)通知カードの廃止について

[2020年6月2日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マイナンバー(個人番号)通知カードの廃止について

デジタル手続法の改正により、マイナンバー通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。廃止に伴い、通知カードの再交付申請及び住所・氏名等券面変更等の手続も終了しました。

なお、廃止後においても、お持ちの通知カードに住民票と一致する最新の住所・氏名等が記載されていれば、引き続きマイナンバーを証明する書類としてご利用いただけます。

出生等で新たにマイナンバーが付番された方へのマイナンバーの通知は、個人番号通知書により行われます。

個人番号通知書とは

個人番号通知書とは、出生等により住民票に記載され、新たにマイナンバーが付番された方にそのマイナンバーを通知するものです。

個人番号通知書には、マイナンバー・氏名・生年月日等が記載されます。

既にマイナンバーが付番されている方には、個人番号通知書は送付されません。

 ・住民票の氏名・住所等に変更が生じても、個人番号通知書の記載の変更はできません。

 ・個人番号通知書は、紛失等しても再交付はできません。

 

 

廃止後の通知カードの取り扱いについて

〇住所、氏名等記載事項変更

 通知カード廃止後は、氏名、住所等に変更が生じても、通知カードの記載事項の変更は行いません。

 

〇通知カードの再交付

 通知カード廃止後は再交付申請ができません。

 

〇通知カード廃止後のマイナンバーを証明する書類

 ・マイナンバーカード【作成に1、2か月かかります】

 ・マイナンバーが記載された「住民票の写し」

 ・発行済みの通知カード(氏名、住所等が住民票と一致しているものに限る)

お問い合わせ

日野町役場住民課住民担当

電話: 0748-52-6571 ファックス: 0748-52-2003

E-mail(メールソフトが起動します): jumin@town.shiga-hino.lg.jp


マイナンバー(個人番号)通知カードの廃止についてへの別ルート

Copyright (C) Hino Town All Rights Reserved.