ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    日野のフォト(令和6年3月)

    • [公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:7522

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    「日野町小学生俳句教室作品展」開催

    2月5日(月曜日)から3月29日(金曜日)まで、滋賀銀行日野支店で日野町小学生俳句教室作品展が開催されました。日野小学校・桜谷小学校・南比都佐小学校6年生の作品が投句者別に期間を分けて展示されました。

    日野小学校の6年生は、俳句会「鳰の会(におのかい)」の方を講師に浄光寺(河原)へ吟行し季語を探して俳句づくりに挑戦しました。桜谷小学校の6年生は、同じく「鳰の会」の方を講師として小学校の裏山のビオトープから佐久良の集落周辺を吟行して俳句をつくりました。また、南比都佐小学校の6年生は、若林建秋(わかばやし けんしゅう)氏を講師に小学校で行ったカルタ会を席題とした俳句教室を行いました。いずれの小学校でも短冊に俳句を書いてみんなで鑑賞し、講師の方の講評を受けて投句したそうです。

    この俳句作品は、2月11日(日曜日)から3月10日(日曜日)まで開催された「日野ひなまつり紀行」でもホイ飾りに付けてお披露目されており、訪れた人々を楽しませていました。

    銀行内の待合スペースに展示されています

    個性豊かな俳句が並んでいます

    企画展「We Love しゃくなげ渓」開催

    3月3日(日曜日)から4月7日(日曜日)まで、鎌掛公民館でしゃくなげ渓ウォーククラブ主催の企画展「We Love しゃくなげ渓」が開催されました。

    しゃくなげ渓ウォーククラブは、令和4年7月からほぼ毎月しゃくなげ渓を歩き、自然観察とごみ拾いを行われています。
    今回の企画展では、しゃくなげ渓の紹介、活動報告誌「しゃくなげ渓だより」、活動に参加された方が撮影した写真とメッセージなどが展示され、しゃくなげ渓で録音された鳥の声が流れていました。

    しゃくなげ渓ウォーククラブに興味を持たれた方はぜひ参加し、しゃくなげ渓の魅力を体感してみてください。
    しゃくなげ渓ウォーククラブFacebook(別ウインドウで開く)

    企画展の様子

    練習の成果を発揮「第9回日野町少年少女レスリング大会」

    3月9日(土曜日)、10日(日曜日)に大谷公園体育館で「第9回日野町少年少女レスリング大会」が行われました。
    9日には日野町出身トップアスリートのトークショーが行われ、キックボクシングの麻原将平さん、モーグルの伊藤あづささん、みきさん姉妹、フットサルの田村研人さん、友貴さん兄弟がいろいろな質問に答えていました。
    勝利するために大切なことについて、田村友貴さんは「練習でやってきた力を信じて自分の力を全力で発揮して、後悔しないようにおもいきってプレーすること」、田村研人さんは「負けたらどうしようという弱い気持ちを跳ね返す、強い気持ちをもって自分に勝つこと」、麻原将平さんは「勝ちにいくという気持ちで、一緒に練習した人や応援してくれている人の顔を思い出して最後まであきらめないこと」、伊藤みきさんは「いろんなことを想定した準備が大切。試合の日は開き直って、どんなときも自分が絶対に勝つという強い気持ちをもつこと」、伊藤あづささんは「覚悟を決めてさわやかな気持ちで臨むこと」と話され、これから試合をする子どもたちにエールを送っていました。

    レスリングの試合では多くの方から「腰あげろー!」「あきらめるなー!」と激励の言葉が飛び交う中熱い試合が行われ、勝利を収めた子は「次も絶対勝つ!」と意気込みを話してくれました。会場では勝って喜んでいる子や負けてしまい悔し泣きをしている子など、それぞれのレスリングに対する熱い思いが表れていました。

    大谷体育館の2階では、赤ちゃんから楽しむことができる「木育ミニパーク」が行われ、木製のジャングルジムやすべり台で遊んだり、木片を使って積み木をしたりして楽しんでいました。

    会場の外ではマルシェも行われ、近江牛を使った牛丼や豆乳ドーナツなどの販売もあり、試合が終わった子や保護者など多くの方でにぎわい、行列ができていました。

    子どもたちに向けて激励

    熱い思いがぶつかる試合

    優しい木のぬくもりに触れて

    大人気の豆乳ドーナツ

    いっぱい学んでいっぱい遊ぶ「再エネ体験ワークショップ」

    3月9日(土曜日)、西明寺会議所で「再エネ体験ワークショップ」が行われ、小・中学生の子どもと保護者など約30名が参加されました。
    イベントでは、「このまま進むと100年後には平均気温は何度になるのか」などのクイズや、「どうして地球の温度が上がったのか」の話の際に子どもたちは「二酸化炭素がたくさんでたから」「ごみをそこらへんに捨てたから」など、地球温暖化について知っていることを発言しながら参加していました。
    石川県立大学の瀧本教授からは、太陽光発電や水力発電などの再生可能エネルギーについての話があり、子どもたちは上手に水を流せると水の力で音楽を流すことができる装置を使って学び、何度も試行錯誤して上手に曲を流すコツをつかんでいました。
    また、昨年から行っている実証試験に取り組まれていた西明寺地区の澤村さんから今まで負担となっていたサルやシカなどの獣害について、太陽光パネルから発電された電力を使った電気柵の稼働などにより負担軽減につながったことなどを紹介されました。

    その後、参加者は実際に西明寺の太陽光パネルや電気柵を見学し、太陽光エネルギーを使って炊いたお米を使用したおにぎりをみんなで食べていました。

    上手に音楽流せるかな?

    おいしそうにおにぎりをほおばる参加者

    参加者みんなで記念にパシャリ


    お問い合わせ

    日野町役場企画振興課秘書広報担当

    電話: 0748-52-6550

    ファックス: 0748-52-2043

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム